X

プランテーション・シャッターの特徴

まるでインテリア雑誌に出てくるようなオシャレな空間に変身

Chatswood-Victoria-Mallプランテーション・シャッターは、私たちの本社があるオーストラリアでは、上質な窓飾材としてカフェ、レストラン、美容室をはじめセレクトショップや個人宅にすっかり定着しています。

シャッターを付けると空間が一変し、まるでインテリア雑誌の中の一コマのように、まったく別の姿に生まれ変わるのです。

また、最初は窓辺だけと取り付けてみたけれど、その居心地の良さに思わず他の箇所に取り付けたいというお客様も少なくありません。良いものを知ってしまうと、それを欲しくなってしまうのは人間の性ですね

plantation-shutter-img-2美容室への取り付け事例

プランテーション・シャッターの特徴

① 採光・調光と同時にプライバシー保護、防犯性を強化します。

採光・調光は指先でルーバーを軽く上下させるだけ。微妙な光の調節も簡単に出来て、お部屋に立体演出効果を与えます。とはいえ、プライバシーの保護やセキュリティ面を気にされるお客様は多数おられます。

通りに面している家は、覗きやストーカー被害に遭いやすいものです。カーテンは開けた部分から除かれる可能性があるし、レースのカーテンだと中の様子がうっすらと見えるでしょうし、夜間はシルエットが丸見え。ロール・カーテンやブラインドだと、上げたところから下は完全無防備になってしまいます。それで、ついつい閉めっぱなしなんてよく聞く話ですよね?

そんな問題もプランテーション・シャッターなら簡単に解決です。ルーバー部分を上下二段分割にすることが可能なので、通りからの視線が突き刺さる下の段は閉めたままで、上の段から光を採り入れるといったことが簡単にできます。

「部屋は明るくしたいが、プライバシーとセキュリティはしっかり守りたい」という問題も、プランテーション・シャッターなら難なくクリアすることができるのです。

② 断熱効果に優れているので夏は涼しく、冬は温かく。光熱費を抑えます。

プランテーション・シャッターのルーバー厚は、中心部で10ミリ。アルミ製ブラインドのなんと10倍もあります。そのため、夏は直射日光を防ぎながらそよ風だけお部屋に入れることもできるし、冬は暖かい空気を窓から吸い取られることもなくなります。

光熱費を抑えて「冬は温かく、夏は涼しく」を実現、オールシーズン快適に過ごすことができます。

③ 厚みがあるので防音効果も◎。にぎやかな場所で重宝します。

プランテーション・シャッターを完全に閉めた状態にすると、外から入ってくる騒音がとても少なくなります。中心部の厚みが10mmもあるプランテーション・シャッターのルーバーが、窓とシャッターの間に入ってきた騒音を、お部屋に入りにくくしてくれているからです。

④ お掃除簡単。健康やハウスダストを気にされる女性に人気です。

一見きれいに見えるカーテンやブラインドも、近くで見るとホコリだらけ。カーテンを丸洗いしたり、ブラインドの羽と羽の狭い隙間を一枚一枚掃除するのはホント大変です。でも、掃除しなければハウスダスト・アレルギーの原因にもなってしまいます。

これらのどちらと比べてもプランテーション・シャッターは、お手入れが「とっても楽ちん」。ホコリを寄せ付けにくい構造になっていて、お掃除の必要もほとんどないくらいメンテナンス・フリーです。

クリーニングが必要なときは、らくらく手が入る大きな隙間のルーバーを、ダスターでサッとなでるだけ。こんな手軽さも選ばれている理由の一つです。

⑤ UVプロテクト。スキンケアと同時に、家具や小物の色あせも防ぎます。

有害な紫外線はシミの原因になるだけでなく、皮膚がん発生の重大原因の一つ。UVはお肌だけではなく、あなたのお気に入りの家具や小物アイテムの色褪せの原因にもなります。

しかし、ルーバーの角度を調節して有害なUVをカットしながら、お部屋を明るく快適に演出するのもプランテーション・シャッターの得意分野。強烈な紫外線の国「オーストラリア」のUV環境でまさしく鍛え抜かれました。

製品自体もしっかりとUVプロテクションを施し。安心して長く使っていただけるよう配慮しています。

⑥ 熟練職人の手で作られる完全オーダー品。ユニークな窓形でも問題ありません。

プランテーション・シャッターは、窓一つひとつに合わせて手づくりされる完全オーダー品。機能を損なうことなく、窓との一体感・ルックスがベストバランスになるかを考え、熟練職人が丁寧に作り上げます。

また、ハンドメイドだからこそ可能な丸型、三角、六角型から多面体のような出窓まで、ユニークな窓にもしっかり対応することができます。

Panels

不動産価値を高める手段としても注目!

一見するとブラインドに似ていますが、その操作方法、機能面はもちろん、見る人に与える存在感や雰囲気といった質感の部分でも、プランテーション・シャッターとブラインドは全く別物。

Slat-and-Louver-thicknessプランテーション・シャッターのルーバーの厚みは、アルミ製ブラインドの10倍以上。この厚みは機能面とインテリアとの調和性、引き立て効果などリアルに感じる質感の差となって表れます。

オーストラリアでは「不動産価値を高める窓飾材」として認知もされており、不動産の売却を希望するオーナーが、わざわざプランテーション・シャッターを取り付けるほどです。

私どもの経験上、平均して約30,000豪ドル(約284万円:2014年10月の為替レートで計算)の売却益増も狙え、物件の高値早期売却につながっており、費用対効果の高い投資としても活用されています。

plantation-shutter-img-1

プランテーション・シャッターはカーテンやブラインドにはない魅力がいっぱい。しかも空間をオシャレにするだけでなく、様々なメリット・ベネフィットがあるのです。
Share Button