成功するアウトドア・リビング・ダイニング、8つの考え方

あなたがどんなにつらい一日を過ごしたとしても、お家の中にオアシスがあれば、そこにたどり着けさえすれば全て救われる。そんなホッ一息つける空間がアウトドア・リビングです。そのアウトドアリビングを、ただのリラックス空間だねにしておくのはもったいないですよね。ダイニングにも利用しなきゃ。そんなアウトドアリビング・ダイニングの成功事例とアイディアをご紹介します。

The vertical garden
壁面緑化
Aug-02-01
空気の澄んだ夜に星空の下で食事ができるよう、丈夫で持ち運びの簡易性も備えたダイニングテーブルと椅子を探しましょう。壁面緑化は、プライバシーを確保しつつ外部スペースを有効活用したい人達にとってぴったり。特に場所が都会ならば、のっぺりしたコンクリートの壁よりもずっと見ていて気持ち良いですし。

Decorative screens
おしゃれなパーティション
Aug-02-02
おしゃれな装飾の施されたパーティションを用意しましょう。オープンエアーの雰囲気を損なうことなく、外部と食事スペースをさりげなく区切ってくれます。
それから、夜間のムードを盛り上げるためのライティング設計を忘れずに!

Art with function
アートは観賞用のみならず
Aug-02-03
後ろから照らされると庭をより一層生き生きと見せてくれる、この樹影のようなさりげないアート作品を手に入れましょう。そしてグリーンを基調にしたアースカラーのクッションは、白ベースのベンチに楽しさを加え、腰の高さに植えられた植物たちが室内に庭を再現します。

The details
デザインの凝ったものを
Aug-02-04
持ち運びもできて直立式のこんなツール立てはいかが?

Bringing the outdoors in
外部の雰囲気を内部に
Aug-02-05
自然そのままの手触りを感じられるようにしましょう。ちょっとアジアンチック仕上げるのもいいかも。
切り株を思わせる、この無垢仕上げのスツールなんか、ちょっとティーカップを置くのにピッタリ!

Outdoor kitchen details
屋外にキッチンスペースを設置する際のコツ
Aug-02-06
囲まれた空間でも自然の息吹を感じられるよう、キッチンの天井の一部をオープンにして樹木の緑が眺められるようにしてみて。
凝ったデザインをバーベキューコンロの上に設えれば、掃除もしやすくて見栄えもよく一石二鳥

Dual spaces
ソファコーナーのあるDK
Aug-02-07
このようなソファコーナーがあることで、ゲストは食前食後に腰掛けてくつろぎつつ、DKスペースの雰囲気も一緒に味わうことができます。また、料理をする人にとっては料理中でも会話の輪に参加できます。バーベキューコンロをキッチンに埋め込めば省スペースでも充実の機能!

Creating intimacy
プライベートオアシスの出来上がり
Aug-02-08
プライバシーを保護しつつ、アウトドアにいるような気分を味わいましょう。背が高く葉の広がりのあるヤシ類の観葉植物は視線も光もやわらげてくれます。仕上げに背後のオシャレなパーティションが空間を切り離すのと同時にプライベートオアシスを作り出してくれます。

そして、以前ボクがシドニーでお手伝いしたお家も、ちょっといい感じなのでここでご紹介します。
それはアウトドア・リビング・ダイニングではないのですが、アウトドア・リビングの考え方を上手く取り入れた寝室です。緑と光をいっぱい楽しめるようにデザインされています。トロピカルな雰囲気を上手に盛り上げてくれるのが、ヤシの木とプール、そしてフローリングと相性のいい木目のプランテーション・シャッターです。ちょっと濃い木目のプランテーション・シャッターをつけるだけで、気分はバリ島のリゾートビラにいるようですよね?
Aug-02-09

おお、これいいね!ちょっと、取り入れてみようかな、と思ったなら今すぐカタログを手に入れて。
カタログはここから申し込んでくださいね。
http://styleshutter.com/contact

BannersーCatalogue

Share Button